love-rebirth.net

喧嘩別れしてから復縁をするには冷静さが肝心

冷静になる時間を設ける

ケンカをしてしまった場合、別れた直後は相手もあなたも感情的になっています。復縁したいからといってすぐに相手に接触すると、些細なことでお互いにイライラしてしまって再びケンカになってしまうでしょう。たとえあなたが正しいことを言っても相手は聞く耳を持ってくれません。

一度お互いに感情を冷ますための冷却期間を置くことが必要です。気持ちが落ち着いて冷静に二人の関係を見つめ直すことができるようになれば、復縁についても前向きに考えられるようになるはず。焦って行動を起こすのではなく、まずは時間を置く余裕を持ちましょう。

下矢印 復活愛を成就させる

復縁するためのテクニック教えます

お互いの悪い部分を整理して、受け入れる

なぜケンカをするに至ったかの原因をきちんと追究してください。その際、自分に都合よく解釈しないように注意することが重要です。客観的な視点を持つように心がけましょう。

その上で自分と相手、両方の悪かったところを考えます。性格や態度、考え方や価値観など、思いつく限り紙に書き出してみると効果的。そして自分は何を直すべきで、相手の何を理解してあげるべきなのかを整理しましょう。

漠然とモヤモヤを感じているよりも、ハッキリ自覚したほうが気持ちの整理をつけやすくなります。事実をきちんと受け止めるように、広い心を持ってください。

意地やプライドは捨てる

ケンカ別れした恋人たちは、どちらかが折れなくては復活愛を果たすことができません。そしてケンカしている状態は、長引けば長引くほど復縁しにくくなるものです。復活愛を望むのなら、つまらない意地やプライドは捨てましょう。

相手に新しい恋人ができて後から後悔するよりも、さっさと折れて二人の関係を取り戻したほうが良いはずです。たとえ自分に非がないと思っていても、グッとこらえてあなたから謝ってください。復縁するためだと割り切りましょう。誠実な姿勢を見せれば、相手も心を解きほぐしてくれるはず。意外とすんなり仲直りできるでしょう。

お互いの距離感が近づきすぎないようにする

たとえ仲直りすることができて友好的な関係になったとしても、復縁するまでは近すぎる距離感は危険です。二人の関係が曖昧になってしまい、「よりを戻す」という最後のステップを踏むことができなくなるかもしれません。

特に一度ケンカ別れしていると、相手は「また同じことになるかもしれない」と復縁することに抵抗を感じるもの。今の心地良い関係のままでいい、と思ってしまう可能性があります。

復縁を成功させるまでは、相手との距離が近くなりすぎないように気をつけましょう。「今は恋人ではない」という意識を持ち、きっちりと線引きをしてください。