love-rebirth.net

心理学から手繰り寄せる復縁成功の糸口とは?

ゲインロス効果から紐解く復縁

ゲインロス効果とは、最初の印象を悪くしておいて後から良い印象を与えることで感情の振り幅が大きくなり、評価がよりアップするという心理効果です。つまり怖いイメージを持っていた不良が子猫に優しくしているシーンを見ると好印象を持つというあの気持ち。

ギャップ効果とも言い換えられます。この心理効果は恋愛感情に大きく作用します。うまく応用して復縁を成功させましょう。ケンカしたりあなたの悪いところを全部見せたりして別れたならチャンスです。その後、良い面を見せるようにすると相手はあなたに未練を持つはず。

また、破局後に相手と話す際に、あえて素っ気ない態度を取ってください。そして必ず後から優しい言葉と笑顔で接するようにしましょう。相手はあなたに対してギャップを感じ、強く惹きつけられるはずです。

下矢印 復活愛を成就させる

復縁するためのテクニック教えます

ミラーリング効果から紐解く復縁

ミラーリング効果とは、好意を持っている相手の行動を無意識でマネしてしまうこと、または行動をマネされることで無意識に相手に対して好感を抱くという心理学です。人は本能的に自分と同じような仕草や動きをする相手を味方だと思い、好感を抱くもの。

恋愛においては同調する相手・似ている相手を好きになるものです。このテクニックを取り入れることで相手の警戒心を取り除くことができるため、復縁をスムーズに成就させることができるでしょう。話をしている時、相手が腕を組んだら自分も腕を組む。

食事に行った時、相手が水を飲んだら自分も水を飲むなど、相手の行動を鏡に映したようにマネしてみましょう。潜在的に相手に好感を持ってもらえるはずです。ただし、あくまでさりげなく行うことがポイント。ずっとではなく数回だけマネするようにしてください。

ザイオンス効果から紐解く復縁

ザイオンス効果とは、何度も繰り返し短時間の接触をすることで、その対象に愛着がわき好感度がアップするという心理効果です。テレビで何回も同じタレントを見ているうちに、特に好みのタイプじゃないのになんとなく好きになることがあるでしょう。

その心理を応用した恋愛テクニックです。復縁したい相手の前に何度も現れることで、相手はあなたに対して親しみを持ってくれるでしょう。ポイントは1回の時間を短くすること。とにかく長さよりも回数を意識してください。一週間に一度丸一日会うよりも、週に3回2時間ずつ会う方が良いのです。

できれば1日1回相手の前に姿を現しましょう。にっこりと笑顔で挨拶し、すぐに立ち去るだけでOK。すると良い印象だけが相手の脳裏に残ります。復縁に対して前向きになってくれるでしょう。