love-rebirth.net

冷却期間を適切に取っていくことで復縁にも有利になる

別れ方がスッキリしていた場合

冷却期間とは、気持ちや感情を落ち着かせたり、一人になって冷静に考えてみたりするための時間です。特に大きなトラブルもなく、穏やかに別れることができたのなら冷却期間を置く必要性そのものがありません。

忙しさや生活スタイルの違いなどの客観的なことが原因で、別れる際に冷静に話し合ってお互いに納得のいく別れ方をしたのなら、せいぜい一週間ほど置くだけで大丈夫。次に会った時には感情的にならずに友好的に接することができるでしょう。

ただし、いくら冷却期間が必要ないからといっていきなり復縁の話を持ちだすのはNGです。まずは相手の気持ちを尊重し、仲の良い友人のような関係を続けてください。そして相手の気持ちが盛り上がってきたタイミングを見計らい、それとなく復縁の方向に誘導してあげると良いでしょう。

下矢印 復活愛を成就させる

復縁するためのテクニック教えます

別れ方が重苦しかった場合の思い出

大ゲンカをして険悪なムードで別れたような時には、長い冷却期間が必要になります。浮気や暴力などが原因の場合や、お互いの悪口を言い合うようなひどい別れ方をした場合は、半年から1年近くは見ておきましょう。別れた直後は、相手はあなたへの嫌悪感でいっぱいです。

あなたが何を言っても聞く耳持たず。下手をすると余計に怒らせてしまうでしょう。長い冷却期間を置き、お互いの感情を鎮めて気持ちをスッキリとさせる必要があります。時間が経てば気持ちが落ち着き、どんな嫌なことでも許すことができるようになるでしょう。

その間に、別れることになった原因をハッキリとさせてください。自分に非がある場合にはきちんと反省し、改善しましょう。1年後、相手が驚くほどの変化を遂げるように心がけることが復縁成功のコツです。

曖昧な別れ方をした場合

自然消滅してしまった場合や、誤解やすれ違いが原因で別れてしまった場合など、中途半端な別れ方をした時には長すぎず短すぎずの冷却期間がベスト。長い冷却期間を置くと、相手に別の異性が現れたりして完全に二人の関係は終わってしまいます。

短すぎる冷却期間では、お互いに好きかどうかわからないまま復縁してしまうことになるためまた同じことを繰り返すでしょう。お互いに相手の良さを見つめ直し、自分の気持ちを冷静に確認することができる3~6ヶ月くらいがベストの冷却期間。

本人に自分で答えを出させることが大切です。相手があなたの魅力を再確認してくれるまで、行動を起こさずに待機していましょう。それまではしっかりと自分磨きを行い、相手が再び自分を選んでくれる確率をできるだけ上げておいてください。