love-rebirth.net

別れの原因を知っていくことの意味とその方法とは?

工程1:まずは自分を美化、正統化しないこと

原因を把握するための心がけとして、まずは「客観的になること」を意識してください。がむしゃらに復縁を叶えようとする人は無意識のうちに自分自身を可哀想がってしまい、まるで自分が悲劇のヒロインのように考えてしまいがち。

これでは物事の一方的な側面しか見えません。相手だけを悪者にしてしまうため、別れた本当の原因が分からないまま復縁できなくなってしまいます。

意識して自分自身を美化したり正当化したりしないように気をつけましょう。自分が悪かった点、自分に非がある点を全て受け止めるように心構えをしておいてください。

下矢印 復活愛を成就させる

復縁するためのテクニック教えます

工程2:箇条書きにしてリストアップする

紙とペンを用意し、破局に至る原因を思いつく限りすべて箇条書きにしてみましょう。「価値観が違った」「すれ違いが起こった」などの漠然としたことから、「ケンカをした時につい怒鳴ってしまった」「あの時に他の異性と会ってしまった」など具体的なことまで何でも書いてください。

周囲の人から言われたことや環境的な問題でもOK。どんなに些細なことでも、一見関係ないようなことでも良いのでできるだけたくさん記入しましょう。スマホやパソコンに打ち込むのではなく、手を動かして書くと頭の中を整理しながら自分の心にしっかりと収めることができます。

工程3:箇条書きリストを掘り下げて考えていく

リストが出来上がったら、同じ系統の事柄をピックアップしてみましょう。いくつかグループができるはずです。そして関係ありそうなグループを線で繋ぎ、関連性を確認してください。「こういう原因があったから相手や自分がこういう行動に出て、最終的にこうなった」という事実関係が段々と明確になってくるはずです。

ひとつの事柄を連想ゲームのように詳しく掘り下げてみましょう。その時の感情や周囲の状況など、冷静にできるだけ詳しく思い出してください。自分でもわからなかった自分の気持ちに気づいたり、物事の側面が見えてきたりするはずです。

まとめ

落ち着いた心で1~3の工程を行えば、次第に別れた本当の原因を解明していくことができるでしょう。自分に非があるのか、相手に非があるのか、それとも単に悪いタイミングが重なっただけなのか。原因が分かれば、次に取るべき行動もおのずと見えてくるでしょう。

自分のどんなところを改善すれば良いのか、相手のどんなところを受け入れるべきなのか。または積極的にいくべきなのか、時を待つべきなのか。復縁するための筋道をしっかりと考えられるはずです。漠然と「復縁したい」と悩んでいる時よりも成功率をアップさせることができるでしょう。