love-rebirth.net

また破局しないためにも心がけておきたいこととは?

家事や炊事は協力して行う

どちらか一方だけに負担がかかると、だんだんと不満がたまっていってしまいます。家事や炊事は一緒に暮らしていく上で避けられない仕事。協力し合うことで負担を分担することができるため、ストレスをためずに済んで二人の関係が上手くいくでしょう。

お互いの気持ちがわかるので会話のきっかけにもなるはず。コツは基本的に同じくらいの負担にすることと、仕事が大変な時などはお互い様ということで引き受け合う柔軟性を持つことです。

下矢印 復活愛を成就させる

復縁するためのテクニック教えます

同棲するなら2部屋の住まいを選ぶ

復縁後に一緒に住む部屋を探す際は、ワンルームではなく2部屋ある家を選びましょう。1部屋しかないと、ケンカをした時の逃げ場がなくなってしまいます。気持ちを落ち着けることができないため、そのまま破局になることも。2部屋あると、それぞれ一人になる時間を作ることができるでしょう。

冷静になることができるので、別れないで済むはずです。また普段から一人になりたい時に利用すると、ストレスをためずに暮らしていけるでしょう。

相手に気を遣い、癒しを与える存在になる

恋人だからといって、その立場にあぐらをかいてはいけません。ワガママや傲慢な態度は相手をうんざりさせる原因になります。人は、自分の帰る場所に対して癒しを求めるもの。恋人やパートナーと一緒にいる時に疲れてしまうようでは、別の場所に癒しを作ろうと考えるでしょう。

浮気や不倫を引き起こす可能性があるので、付き合っているからこそ相手に気を遣うように心がけてください。相手の苦労をねぎらい、話を聞いてあげましょう。

緊張感を保っておく

復縁できたことに安心し、相手に頼り切ったり自分磨きを怠ったりする人も多いもの。しかし復縁はゴールではありません。再び破局する可能性は常につきまとっているのです。そのことを忘れずに適度な緊張感を保つことで、マンネリを回避していつまでも新鮮な関係でいられるでしょう。

判断力や決断力を磨いたり、メイクやファッションに気を使ったりすることで相手の心を常に掴んでいられるはず。ただし、考えすぎで悲観的になるのはNGです。

自分同じ過ちを繰り返さないようにする

基本中の基本ですが、過去の過ちをまた繰り返さないように心がけましょう。そのためには以前別れることになった原因をしっかりと突き止めておく必要があります。自分が悪い場合には反省し、改善するように努力してください。相手が悪い場合には受け止める心の広さを持ちましょう。

ダメだとわかっていても、人は無意識のうちに同じ過ちを繰り返してしまうもの。普段から意識しなければ、関係が安定してきたところでまたトラブルが起こるかもしれません。