love-rebirth.net

蟹座は好きな人と安心して暮らせる世界を守る為には活発に動く

グループ意識が強い蟹座の協調性

蟹座は12星座の4番目に当たる星座であり、4番目からはだんだん複雑になっていく過程に当たるので、性格的に少し複雑になります。 3番目までの自己中心的な性格に比べて、他人の目を気にし始める年齢が蟹座に当たります。 仲の良い友達や自分の所属するグループなどを意識し始めたり、自分を脅かす存在に敏感になり、 一生懸命排除しようとします。

好き嫌いの感情を活用して、自分の居場所を確立し、自分や自分の身内をを守るような感情や行動、こういった部分はこの星座の特徴です。 そして蟹座の1番の望みは好きな人と安心して暮らすこと、それが1番の望みです。 その好きな人と安心して暮らせる世界を守る為には活発にも動くし、何でもします。

愛するものや愛する世界を守ることが当星座の正義であり、使命とするところなのです。 これが母性の星座と言われる所以であり、自分を守るものの敵に対しては感情をむき出しにして攻撃します。 身内は大事にしますが、初対面の人と会うまでがとても腰が重いのも当星座の特徴的なところです。

復活愛を叶えるためのポイント

蟹座の復活愛を叶えるためには、強すぎる母性を抑えることです。蟹座の母性的感性はとても魅力的ですが、それに対して相手が甘えてしまう傾向があります。 時には母らしく突き放すことも大切です。いつもは優しいあなたの一面とは違う一面を見せることで相手は喪失感や焦りを感じます。 これによって相手はあなたをもっと意識し、あなたを離したくなくなります。 あえて長所を抑えることで相手を惹きつける方法も蟹座の復活愛には必要です。

下矢印 復活愛を成就させる

復縁の悩みを解決する方法があります

12星座中最も母性的感性をもつ

例えば、自分自身の性格です。 蟹座は12星座中最も母性的感性を持っており、家庭的ムードを作り出すのはとても得意 で、自分の周りにいる人たちのことは身内ととらえ、いったん身内と思えばとても大切にします。 そんな蟹座が恋愛をすると、自分と相手の絆をとても大切に思い、どんなに自分が相手を必要としているか、 素晴らしい存在であるかを言葉や態度で強調します。

そうした言葉や態度の繰り返しで、精神的に相手を束縛していくこともあり、こうした絆の強調は、 相手にとって自分が必要だと協調することでもある為、相手にとって負担になってしまうことも時々あります。 又相手を試す為に、付き合う前にわがままになるのも特徴です。

試し終わり受け入れると、すごく尽くしてくれるようになります。 そして弱い部分を持っている人に弱く、 相談に乗ったり助けたりといったようなことをきっかけに恋愛に発展する人が非常に多いです。 その為とても家庭的なのに浮気性でもあるという複雑な一面があります。