love-rebirth.net

九紫火星は非常に頭脳明晰でリーダーシップをとる才能が強力な武器

光と太陽の象徴

九星気学による九紫火星の「火」は太陽を意味します。太陽は暖かさと明るい光を人々に与えてくれる存在です。

また「九」は忌むべき数字とする慣習などもありますが、数字の中では最大値を意味しますので、九星気学によれば好ましい数字になっています。 神々がおわす領域を「九天」と言うことからも、良い意味で捉えられることが多い数字です。 

一般的に九紫火星生まれの人は、非常に頭脳明晰でリーダーシップをとる才能があります。 しかし、熱しやすく冷めやすい性格も有していますので、興味が失くなった途端、中途半端に投げ出してしまうような場合も多いです。

才能があることを自分で自覚しているケースが多いので、つい他人を見下してしまったり、自己中心的な強引な行動をとってしまいやすいなどの点が、九紫火星生まれの人の欠点です。しかし、そのことを除けば、陽気で社交的な性格ですので、身の周りに人が集まりやすく、いつも人の輪の中心に立っていることが多いでしょう。

下矢印 復活愛を成就させる

復縁の悩みを解決する方法があります

異性問題が原因で離婚に?!

九紫火星生まれの人の運勢は、45歳くらいから55歳くらいにかけてが良好です。 ただし、若い頃は陽気で華やかな生活を好む性格が裏目に出てしまう場合が多いので、自重することが大切です。

男女ともに多情な面があり、結婚しても異性問題が原因で離婚に至ってしまうケースが多いです。 美意識が非常に強いので、相手の外見に惑わされてしまい、痛い目にあう危険性も有しています。

頭の回転が早くて、何をやらせてもそれなりに卒なくこなす能力を有していますので、自分の飽きっぽさや短気な面を自覚して、他人のアドバイスを謙虚に受け止めるようにしていれば、良い人生を送ることができます。

しかし、思いやりの心を忘れてしまうと、孤独で侘しい老年期を一人異郷の地で送ることになる運命も示唆されていますので、気をつける必要があります。 また、生まれつき体の弱い人が多いので、60歳を過ぎたら表舞台からは身を引いて、体調管理に専念する生活を送る方が望ましいです。