love-rebirth.net

好きな相手の夢に出るおまじないについて詳しく見ていきましょう

夢に出るおまじないの方法

このおまじないは夜寝る前に行います。相手の夢に登場し、相手にあなたのことを意識してもらいましょう。まずは大きさや色は何でも良いので丸い手鏡を用意してください。そしてあなたがいつも使っているアイライナーを使い、手鏡の裏面に相手の名前を大きく書きましょう。

その手鏡に、自分の顔を30秒ほど映してください。なるべくにっこりと笑った明るい表情を心がけましょう。次に赤い折り紙を用意し、手鏡の鏡面を折り紙の真ん中に当ててください。そのままアイライナーを使って手鏡の型を取るようにぐるりと円を描きます。

持ち手があって描けない部分は自分で描き加えてOK。最後に円が内側になるようにして折り紙を四つに折りたたみ、枕カバーに入れるか枕の下に敷いてください。そのまま眠り、おまじないは完了です。

下矢印 復活愛を成就させる

復縁を実現させることができます

このおまじないの効果

このおまじないを行うことで、相手は不思議とあなたの夢を見るでしょう。おまじないの際に鏡に映した表情のような、明るく笑っているあなたのイメージが強く印象に残るような夢を見るはずです。二人で仲良く話しているシーンや、付き合っていた頃の幸せな経験を思い出させるような幸せな夢となるでしょう。

すると相手はあなたのことを自然と意識するようになるはず。その状態で相手に会うことで、相手に「正夢になった」と思わせることができるでしょう。おまじないを行った次の日に相手に連絡を入れることをおすすめします。あなたの夢を見た相手は、ぴったりのタイミングであなたから連絡が来たことに驚き、「運命だ」と感じてくれるはず。

会話も弾み、夢で見たような楽しい時間を過ごせます。そのままスムーズに恋愛成就や復縁に結び付けることができるでしょう。

このおまじないを行う注意点

鏡には、映った人の魂が宿るもの。特に丸い手鏡は物事を円満に治める力が働くため、恋愛のおまじないを行う際には大切なアイテムです。手鏡の鏡面はピカピカに磨いてからおまじないに臨みましょう。

そして鏡に自分の表情を映す際は、笑顔や優しい表情を忘れずに。この表情がそのまま相手の夢に登場するため、最も気をつけるべきポイントです。怒った顔や悲しい顔をすると、逆に相手にマイナスのイメージを与えてしまうでしょう。また気持ちの面でも、ポジティブで明るい思いを持つことが大切です。

相手を責めたり自分のエゴで復縁を望んだりするような気持ちでおまじないを行うと、それが伝わってしまうかもしれません。相手に良いイメージを持ってもらうために、ただ純粋に穏やかな気持ちでおまじないを行うように心がけましょう。